賃貸と持家、とちらが得なのでしょうか?

一般的に、下記の表のようにそれぞれメリット、デメリットがあります。一時的な視点で考えると、賃貸の方が当初かかる短期的な費用が少なく気に入らなければ、すぐに引っ越しも考えやすいですね。人生設計まで踏まえた長期的な視点で考えると、持家の方がメリットが多いです。

賃貸の場合、家賃を払い続けても自分のものにはなりませんし、将来の家賃の上昇や、老齢となった際の契約上の問題等、不安要素も多いです。


持家の場合、精神面でのご満足や社会的信用、老後の不安の解消、万一の際、ローンがなくなる団体信用生命保険など、得るものが多いです。また、広さや床・壁の厚さ、設備、間取りなどを比較しても、賃貸よりも持家の方が居住性や快適性が高いと言われています。
資産形成という意味でも、まだまだ低金利ですし、購入しやすくなっております。

ただ、金融機関の審査も厳しくなってきているのも現実です。


是非、この機会に一度お考えになってみてはいかがでしょうか?
それぞれのご家庭に合った住まい方を模索していただければと存じます。